京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2006年08月22日

祇園祭2006 還幸祭・八坂神社 7月24日

地図はこちら

子供のベストショットは、なかなか撮れそうで撮れないないものです。   
親泣かせの知らん振り。
個人的には、ぎっくり腰が出そうで怖い体勢。

























中御座がようやく祇園石段下にやってきた。
広いはずの交差点も、人並みで埋め尽されてしまいました。
























差し上げもガンガン行ってます。
























境内に入ってからも、勢いを増して拝殿回しが始まりました。
神輿洗いを除けば、これが今年の祇園さんの神輿は担ぎ収めです。
思い残すことなく、念入りにやっときましょ。














































親子三代。
この児が神輿を担ぐ時も、やっぱりこの気合と迫力は祇園祭を支え続けているでしょう。




























東御座も境内へ。
轅の長さが際立ってますね。
























拝殿回しも、勢いをそのままに始まった。














































その後、西御座も無事に着社。舞殿にも綺麗に収まった。

見事三基の神輿が、夕方5時に出発して7時間が経って、再び八坂神社で勢揃いした。
























中・東・西の神輿が、ライトに照らされ、金色に輝いている。

























今から境内の一切の照明が消され、神輿から本殿へ神霊遷しが行われる。

真っ暗な闇の中、本殿奥で古代琴のような音色で琴がボロロンボロロンと爪弾かれる。
前後4名の神職が白い幕を持ち、その幕で囲まれた中に二人の神職が入っている。
その二名の内一人が神輿一基一基それぞれ御神霊を遷し変えたあと、
再び幕に囲まれて本殿に戻るのである。
御神霊を遷している最中なのか、その前後か、
神職の口から「おぉ~」という、唸っている様な低い声が響くのである。

しばらくして、本殿に無事、御神霊がお還りなったと同時に、境内の照明が点灯される。
闇になれた眼が、その明るさに眩しく、
さっきまでの不思議な時間から目覚めるのである。

その間、わずか10分位か、神秘的な空気が境内を蓋うのである。
























無事に還幸祭を終え、静かに佇んでいる中・東・西御座の神輿三基である。
すでに時計は、午前1時前である。
しかし、今年の祇園祭はよく雨が降ったもんです。























あとは、28日の神輿洗で神輿は倉に仕舞われ、
29日の神事済奉告祭・31日の疫神社夏越祭で、今年の祇園祭は全ての行事を終了するのである。

さあ、神輿洗はきっちり晴れてくれよ。


同じカテゴリー(還幸祭)の記事画像
祇園祭2006 還幸祭・三条御供社 7月24日
祇園祭2006 還幸祭 神泉苑・二条陣屋 7月24日
祇園祭2006 還幸祭・中御座渡御 7月24日
祇園祭2006 還幸祭・久世駒形稚児 7月24日
同じカテゴリー(還幸祭)の記事
 祇園祭2006 還幸祭・三条御供社 7月24日 (2006-08-22 21:40)
 祇園祭2006 還幸祭 神泉苑・二条陣屋 7月24日 (2006-08-18 23:23)
 祇園祭2006 還幸祭・中御座渡御 7月24日 (2006-08-18 22:39)
 祇園祭2006 還幸祭・久世駒形稚児 7月24日 (2006-08-18 20:53)

Posted by ずんずん at 22:31│Comments(0)還幸祭
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。