京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2006年07月18日

祇園祭2006 神幸祭・四条御旅所 7月17日

●祇園祭・神幸祭(しんこうさい)  

 7月17日夕刻、三基の神輿が、八坂神社から四条御旅所へ渡御をします。 地図はこちら
 「お出で」の日です。
 三基とは、素盞鳴尊(中御座)、櫛稲田姫命(東御座)、八柱御子神(西御座)。
 
 その日の午前中、山鉾町の氏子さんらにより清められた四条御旅所に、
 北は二条通・南は松原通・西は寺町通の地域を三基別々のルートで渡御した後、
 夜9時頃から、順次一時間位ごとに着輿します。

 ”お出で”は、祇園町の中を回るコースなので、
 置き屋の舞妓さん・芸妓さんたちが揃って顔を出し、
 お神輿に拍手を打つ姿が、また祇園祭らしい風情を味わえます。
 これは、置き屋さん毎に固まって見れるので、とても得した気分になれます。
 
 スサノオさんの家族構成は、
 簡単に言うと、お父さん・お母さん・八人の子供達の10人家族。
 父:素盞鳴尊(中御座)、母:櫛稲田姫命(東御座)、子:八柱御子神(西御座)です。
 
































三基の最後で御旅所にやってきたのは、西御座です。
総勢600名:錦神輿会の御奉仕です。
神輿の重さは、2トンあまり。
現在、実際に担がれているものでは、最も重い神輿と言われています。









































































































































































































































































東殿前にて。
一同が静かに神事が進むのを待ちます。
























































































































































































無事に御旅所に神輿が収まりました。
手締めです。















































































































 氏子区域の残り・寺町通から西半分(西は千本通・北は御池通・南は高辻通)は、
 24日の還幸祭(かんこうさい)で渡御して「お還えり」となります。
 
 この時、三基の神輿は別々のルートで渡御をしますが、
 「大政所御旅所旧趾」(烏丸通高辻上ル東側)と「三条御供社(又旅社)」(三条通黒門北西角)
 には、必ず立ち寄ります。
 御供社に立ち寄ったあとからは、三基とも一目散に三条通を東進し、
 寺町通・四条通を経て還幸します。  


Posted by ずんずん at 22:38Comments(0)神幸祭