京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2006年08月22日

祇園祭2006 還幸祭・三条御供社 7月24日

三若の亀田3兄弟登場!って感じです。 地図はこちら
この姿、気合入っとるね。



中御座の到着を、みんな今や遅しと待ち構えています。

沿道、右に見えています「コーヒータイム ケーキとあっくん」さんには、
いろいろと貴重なお話、資料も拝見させていただき、大変お世話になりました。
ありがとうございました。



御供社の境内は、神輿を迎える準備は万全。
いつでも、いらっしゃ~い!









見えてきました、中御座の到着です。
神輿会の旗が勢いよく翻っています。



着輿まもなく、御供社の前で「ほいっと、ほいっと」の掛け声とともに、激しく揺さぶります。
神さんは、激しく揺さぶれば揺さぶるほど、喜ばはるそうです。



そのあと、静かに御供社前に安置され、
境内の中から神職・役員の方々により、神饌がお供えされます。
その間、神事が行われている前を人が横切らないように、
中御座と御供社の間の東西を固めています。



ここは、中御座を担ぐ、三若神輿会の本拠地です。
すぐそばに、三条台若中の会所もあります。
30分ほどの休憩を取って、鋭気を養って出輿の時を待ちます。





カピカ光っている鳴りかん。



ここぞとばかりに、みんなカメラを向けたり、ビデオを撮ったり。



子供は、鳴りかんが、どうしても触ってみたくなるのでしょう。
シャンシャンを威勢のいい音を立てているので、気になるんですよね。



代わり交替で、記念撮影の嵐です。







さあ、出発の時間がやってきました。
「よぉ~さぁの!チャチャチャ。よぉ~さぁの!チャチャチャ。よぉ~さぁの!チャチャチャ。おぉ~!」
手締めで、気合を入れて、よっしゃ!行きまっせ~っ!



いきなり差し上げで、そのまま激しく揺さぶっています。
手拍子に、ホイットホイットの掛け声が入り混じり、
普段は広く感じる三条通も、狭い狭い!





いよいよ、神輿が差し上げから弾き出るように東へ動き出しました。



猛烈な勢いで、しかも左右に蛇行しながら、掛け声と怒号がすごい迫力。









ますます勢いを増し、人の波と神輿が一体になって、上下に揺れながら前進してきます。
一瞬、危険を感じる迫力。









なんとも血が沸く瞬間のあと、静かに怒涛の波と風が通り過ぎていった。



そうこうしている内に、ほとんど入れ替わる形で、東御座が御供社前に着輿。



今年新調の轅が真新しく、威勢のいい差し上げと差し回しで迫力満点です。

この轅、今までのものより4mも長くなり、国内の神輿の轅では最長とのことでした。
長さのあまり細い辻を曲がりきれるかが一抹の不安あり、という情報でしたが、
なんとか大丈夫のようでした。



東御座に続き、西御座もようやく大宮通を南行して、三条通までやってきました。



先行している中御座・東御座に追いつく勢いで進んでいます。







三条御供社も駐輿することなく、そのまま通過。
すごい勢いで二基を追い上げている。

再び三つの神輿が集結するのは、八坂神社の境内。
おそらく深夜12時近くになるでしょう。



神事の終わった斎竹は、もうぐちゃぐちゃ。
このあと、綺麗に片付けられていました。



舗装路面にオハケを立てる穴があるのを発見。
しっかり三つ開いていおります。






同じカテゴリー(還幸祭)の記事画像
祇園祭2006 還幸祭・八坂神社 7月24日
祇園祭2006 還幸祭 神泉苑・二条陣屋 7月24日
祇園祭2006 還幸祭・中御座渡御 7月24日
祇園祭2006 還幸祭・久世駒形稚児 7月24日
同じカテゴリー(還幸祭)の記事
 祇園祭2006 還幸祭・八坂神社 7月24日 (2006-08-22 22:31)
 祇園祭2006 還幸祭 神泉苑・二条陣屋 7月24日 (2006-08-18 23:23)
 祇園祭2006 還幸祭・中御座渡御 7月24日 (2006-08-18 22:39)
 祇園祭2006 還幸祭・久世駒形稚児 7月24日 (2006-08-18 20:53)

Posted by ずんずん at 21:40│Comments(0)還幸祭
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。