京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2006年07月25日

祇園祭2006 三条御供社・修祓い 7月23日

八坂御供社(三条御供社or又旅社)の鳥居の額。  地図はこちら



















22日に建てられた斎竹に、オハケ(御幣)が三本建てられました。
路面のアスファルト舗装にも、このオハケを挿す穴が開いています。
(24日の撤去後の様子を参照して下さい)



























































真中のオハケ…中御座(素盞鳴尊)、右側…東御座(櫛稲田姫命)、左側…西御座(八柱御子神)
が、それぞれ依り代とされます。



























きれいな芝生が、枯れずに青々としています。
昨日(22日)の大工方さんのご苦労が実っています。



















午後2時からの修祓いとご講話に、人が集まり始めました。



























まず、お祓いから玉串奉奠が行われました。



























その後、八坂神社 宮司より「御供社とオハケ」の由来についてのご講話がありました。




































この三条御供社の由来など、たいへん興味深いお話を聞くことができました。

さあ、明日の還幸祭を待つばかりです。



同じカテゴリー(三条御供社)の記事画像
祇園祭2006 三条御供社・斎竹建て 7月22日
同じカテゴリー(三条御供社)の記事
 祇園祭2006 三条御供社・斎竹建て 7月22日 (2006-07-22 14:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。