京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2006年07月15日

祇園祭2006 古式一里塚松飾 7月14日

松原通柳馬場・松原中之町での古くからの行事です。       地図はこちら     

江戸時代、この町の人々が大勢疫病に罹ったとき、
町の南側に頓宮を造って牛頭天王を勧請して祈願したところ、
霊顕あらたかにたちまち病気が平癒したそうです。
これより、その神徳に感謝して山鉾巡行の時に、
町内一統・神酒神饌を供えて嘉儀を述べたのが始まりだそうです。

その後、北側町家に祠(祇園社)が建立され、
祭日には、神前に一里塚を築き、長刀鉾の到着を待って”木の実の菓子”と薄茶を水で点て、
振舞うことことを例として続けられてきました。
昭和30年までは、17日の前祭は松原通を巡行していましたが、
巡行経路が変更になったことで、祭日よりも早い日にお稚児さんが中之町を訪れる形式に変わり、
現在に至っています。












































先ほどまでの、ドシャ降りの雨も止みよかったです。
さすが、今年のお稚児さんは晴れ男です!





















町内の方々が集まり始めました。






















お稚児さん・禿の三人、他役員の方々が車で到着です。


































約30~40分程でしたでしょうか、無事に神事を終えて記念撮影です。
正にこれが、どこかで聞いたのある”長~~い、お付き合い”です。


























一同、再び車へ。
去年、一昨年は、お稚児さんのご実家が近くであったので、歩いて中之町まで来られたそうです。
歩いて来られるのも、風情があって好いですね。









































滞りなく神事を終了して、町内の方々も後片付けしながら一息です。


























これが、町家(祇園床さん)の一番奥にある祇園社の祠です。
両脇の三宝に松が建っています。
これが、一里塚松飾です。
右が雄松、左が雌松。
根元の黒いのは、目籠にアラメを巻き覆ったもので、
既に取り除かれて残念でしたが、車エビがそれぞれのアラメ籠に三匹ずつ着けられるのです。




同じカテゴリー(長刀鉾町・関連行事)の記事画像
祇園祭2006 中之町・神剣長刀の拓本
祇園祭2006 長刀鉾稚児社参 7月13日
長刀鉾町 稚児舞披露・7月5日
長刀鉾町・7月5日 粽大量仕込み
長刀鉾町御千度・7月1日
同じカテゴリー(長刀鉾町・関連行事)の記事
 祇園祭2006 中之町・神剣長刀の拓本 (2006-07-15 15:59)
 祇園祭2006 長刀鉾稚児社参 7月13日 (2006-07-13 20:01)
 長刀鉾町 稚児舞披露・7月5日 (2006-07-10 22:12)
 長刀鉾町・7月5日 粽大量仕込み (2006-07-05 10:58)
 長刀鉾町御千度・7月1日 (2006-07-03 05:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。